075-222-2233 お問合せメール アクセスマップ

京都の弁護士 鴨川法律事務所

事務所報「かもがわ」newsletter kamogawa

事務所報の内容は、各弁護士の個人的な見解であって、事件処理とは一切関連性はありません。
また、無断転載、引用等なされないようお願いいたします。

  1. 第67号 2020年8月1日
    1. コロナと宇宙(坂元和夫)
    2. 「新しい生活様式」が求めるもの(尾藤廣喜)
    3. 夏の夜の迷想(山﨑浩一)
    4. 感染症と映画(鍬田則仁)
    5. 英文ブログサイトの開設(冨増四季)
    6. 改正著作権法とフェアユース(齋藤亮介)
    7. 緊急事態宣言(鍬田透)
    8. 明智光秀(渡邊遥香)
    9. かもがわ講座 新型コロナウイルス感染症を巡る法制度
  2. 第66号 2020年1月1日
    1. 親鸞と玉日姫(坂元和夫)
    2. これからどうなる「社会保障」(尾藤廣喜)
    3. やりすぎ弁護活動と品位(山﨑浩一)
    4. 鴨川と水害(鍬田則仁)
    5. 2020年京都コングレス(冨増四季)
    6. 人生の転機(齋藤亮介)
    7. 生物の大量絶滅(鍬田透)
    8. 外来の生き物(渡邊遥香)
    9. かもがわ講座 債務者財産についての情報取得手続の新設
  3. 第65号 2019年8月1日
    1. ポピュリズム(坂元和夫)
    2. 「年金」 をあてにするなの愚策(尾藤廣喜)
    3. AIは人類を滅ぼす?(山﨑浩一)
    4. IT化(鍬田則仁)
    5. 伊東豊雄氏の 「あの日からの建築」(冨増四季)
    6. 神社仏閣の写真撮影と写真の利用(齋藤亮介)
    7. 地下に潜る電線(鍬田透)
    8. イクメン=育児休業の取得?(渡邊遥香)
    9. かもがわ講座 「分骨」は認められるか
  4. 第64号 2019年1月1日
    1. 裁判手続のIT化(坂元和夫)
    2. 人を人として扱わない「入管法改正」(尾藤廣喜)
    3. 地球環境とエネルギー(山﨑浩一)
    4. 国民の「祝日」・「休日」(鍬田則仁)
    5. 映画「判決、ふたつの希望」(冨増四季)
    6. 海賊版サイト対策と通信の秘密(齋藤亮介)
    7. 丸亀城(鍬田透)
    8. テレワークという働き方(渡邊遥香)
    9. 憲法9条自衛隊明記案について(坂元和夫)
    10. かもがわ講座 成年年齢引下げと若年者の消費者被害
  5. 第63号 2018年8月1日
    1. 相撲と女人禁制(坂元和夫)
    2. スウェーデン訪問記(尾藤廣喜)
    3. 謝罪の意義(山﨑浩一)
    4. 「負動産」(鍬田則仁)
    5. 大阪北部地震を経験して(冨増四季)
    6. ドイツに行ってきました(齋藤亮介)
    7. 災害への備え (罹災証明書とは?)(鍬田透)
    8. 津地方裁判所での経験(渡邊遥香)
    9. かもがわ講座 医療情報の利活用について
  6. 第62号 2018年1月1日
    1. 悪の陳腐さ(坂元和夫)
    2. 共同作業所運動の今(尾藤廣喜)
    3. 排除と寛容(山﨑浩一)
    4. 「引っ越し」雑感(鍬田則仁)
    5. 外国のお客様をお迎えして(冨増四季)
    6. やましいことは何もない?(齋藤亮介)
    7. 政治家とペット(鍬田透)
    8. かもがわ講座 認知症の家族の責任
  7. 第61号 2017年8月2日
    1. トランプ旋風(坂元和夫)
    2. 「子ども保険」 に異議あり共同作業所運動の今(尾藤廣喜)
    3. 決めることが難しい事(山﨑浩一)
    4. 裁判員制度を巡る数字(鍬田則仁)
    5. アミカス・キュリエ制度とは(冨増四季)
    6. 変わりゆく麩屋町御池の街並に寄せて(齋藤亮介)
    7. 戦後の「刀狩り」(鍬田透)
    8. かもがわ講座 民法改正~保証ルールの変更~
  8. 第60号 2017年1月1日
    1. 天皇の生前退位問題(坂元和夫)
    2. 「熊野寮」の思い出(尾藤廣喜)
    3. 喪中はがきと年賀状(山﨑浩一)
    4. 某省行政処分手続体験記(鍬田則仁)
    5. トランプ氏当選と、脅かされるマイノリティの日常(冨増四季)
    6. 日本のナショナル・アーカイブ(齋藤亮介)
    7. デスク周り百景(鍬田透)
    8. かもがわ講座 高齢者に対する次々販売、過量販売の取り消し
  9. 第59号 2016年8月2日
    1. 解釈改憲と立憲主義(坂元和夫)
    2. 選挙で論じられなかったこと(尾藤廣喜)
    3. 日本人の美徳(山﨑浩一)
    4. ある「名言」(鍬田則仁)
    5. 人工知能(AI)と弁護士業務(冨増四季)
    6. 「委員会」の仕事(齋藤亮介)
    7. Windows10騒動(鍬田透)
    8. かもがわ講座 刑の一部執行猶予制度
  10. 第58号 2016年1月1日
    1. 小さな池の大きな魚(坂元和夫)
    2. いきいきとした老後を過ごすために(尾藤廣喜)
    3. お白洲と裁判の権威(山﨑浩一)
    4. 医療事故調査制度の施行(鍬田則仁)
    5. カナダ寄宿舎学校をめぐる集団訴訟(冨増四季)
    6. 創作物への法規制(齋藤亮介)
    7. 入所ご挨拶(鍬田透)
    8. かもがわ講座 改正個人情報保護法
  11. 第57号 2015年8月3日
    1. お金で買えないもの(坂元和夫)
    2. 「保険主義」の限界(尾藤廣喜)
    3. 砂川判決についての安倍内閣の解釈(山﨑浩一)
    4. 法服の話(鍬田則仁)
    5. 福島朝鮮学校の集団疎開(冨増四季)
    6. マスメディアの表現の自由と個人の表現の自由(齋藤亮介)
    7. かもがわ講座 道路交通法改正
  12. 第56号 2015年1月1日
    1. 俳句事始め(坂元和夫)
    2. 「生活扶助基準」の引き下げと税制の在り方(尾藤廣喜)
    3. 裁判員裁判の行方(山﨑浩一)
    4. 避難(鍬田則仁)
    5. ヘイト被害と修復的司法(冨増四季)
    6. 行政法規と弁護士(齋藤亮介)
    7. かもがわ講座 一票の重み
  13. 第55号 2014年8月10日
    1. 調停改革(坂元和夫)
    2. 原爆症認定訴訟の今と福島第一原発被害 (尾藤廣喜)
    3. 「、」か「,」(山﨑浩一)
    4. 裁判員制度五年(鍬田則仁)
    5. 急増する海外トップ大学への進学(冨増四季)
    6. かもがわ講座 プロバイダ責任(制限)法
  14. 第54号 2014年1月31日
    1. 徳田敏弁護士を悼んで(坂元和夫)
    2. いつまでも私達を見守っていて下さい (尾藤廣喜)
    3. 優しくて強い徳田君(山﨑浩一)
    4. 徳田弁護士のこと(鍬田則仁)
    5. 徳田先生を偲んで(冨増四季)
    6. 弔辞(藤井正大)
  15. 第53号 2013年8月1日
    1. 民事判決書の簡略化(坂元和夫)
    2. イタリアの社会保障と日本の現状(尾藤廣喜)
    3. TPP是か非か(山﨑浩一)
    4. 減量記(鍬田則仁)
    5. 光子といっても森ではなく、量子といっても佐野ではない(徳田敏)
    6. 自民党改憲案と国民国家の解体(冨増四季)
    7. かもがわ講座 成年後見制度と 選挙権
  16. 第52号 2013年1月1日
    1. 韓国の司法改革(坂元和夫)
    2. デンマークの福祉と日本の福祉(尾藤廣喜)
    3. 真の法廷技術 と法律家(山﨑浩一)
    4. 低山歩き(鍬田則仁)
    5. 総選挙雑感(徳田敏)
    6. 仏像の眼差しと 著作者人格権(冨増四季)
    7. かもがわ講座 違法ダウンロード処罰法
  17. 第51号 2012年8月1日
    1. 「不確実な科学的状況 での法的意思決定」(坂元和夫)
    2. 原田正純先生が残したもの(尾藤廣喜)
    3. 医療大麻は許されないのか(山﨑浩一)
    4. 弁護士の過剰(鍬田則仁)
    5. ポケットに名言を(徳田敏)
    6. グールドとジョブズ(冨増四季)
    7. かもがわ講座 国際裁判管轄
  18. 第50号 2012年1月1日
    1. 民主王義への警鐘(坂元和夫)
    2. 東日本大震災 真の復興を(尾藤廣喜)
    3. 奇跡のリンゴ(山﨑浩一)
    4. 「患者様」と「患者さん」(鍬田則仁)
    5. 「ん」を区別した ことかありますか(徳田敏)
    6. クリチバ都市計画に 見る「賢人政治」(冨増四季)
    7. かもがわ講座 国際裁判管轄
  19. 第49号 2011年8月1日
    1. 物事の善悪(坂元和夫)
    2. ドイツの社会保障の現状(尾藤廣喜)
    3. 携帯電話との付き合い方(山﨑浩一)
    4. クール・ヒズ雑感(鍬田則仁)
    5. 振り込め詐欺の現在(徳田敏)
    6. 裁判と専門家意見(冨増四季)
    7. かもがわ講座 下請法
  20. 第48号2011年1月1日
    1. 検察制度の抜本的改革(坂元和夫)
    2. 裁判員裁判の 弁護人となって(尾藤廣喜)
    3. 弁護士の数(山﨑浩一)
    4. 沖縄行(鍬田則仁)
    5. 子供を共に育む 京都市民憲章(徳田敏)
    6. 少年に対する死刑判決(冨増四季)
    7. かもがわ講座 司法修習生への 給費制の維持
  21. 第47号2010年8月1日
    1. 内閣法制局長官の答弁問題(坂元和夫)
    2. 「地域主権」の落とし穴(尾藤廣喜)
    3. 正義の話(山﨑浩一)
    4. 占席(鍬田則仁)
    5. 不便の効用(徳田敏)
    6. iPADを買いました(冨増四季)
    7. かもがわ講座 公訴時効
  22. 第46号2010年1月1日
    1. 脱官僚ということ(坂元和夫)
    2. ドイツ反核の旅(尾藤廣喜)
    3. 中小企業金融円滑化法(山﨑浩一)
    4. 「借金問題」(鍬田則仁)
    5. コンヒニ問題について (その一)(徳田敏)
    6. 子どもの権利(冨増四季)
    7. かもがわ講座 更新料の有効性
  23. 第45号2009年8月1日
    1. 裁判員裁判と厳罰化(坂元和夫)
    2. これからの日本経済のあり方(尾藤廣喜)
    3. 高利をめぐる最高裁判事の攻防(山﨑浩一)
    4. 新型インフルエンザ 第一波(鍬田則仁)
    5. 水滸伝の魅力(徳田敏)
    6. エコ雑感(冨増四季)
    7. かもがわ講座 裁判員制度
  24. 第44号2009年1月1日
    1. 「裁判員」は何のために?(坂元和夫)
    2. 二つのちょっといい話(尾藤廣喜)
    3. 山陰線旅情(山﨑浩一)
    4. 本当にやるの?^-定額給付金―(鍬田則仁)
    5. 求人広告商法(徳田敏)
    6. 自由な情報選択の落とし穴(冨増四季)
    7. かもがわ講座 刑事裁判における被害者参加制度
  25. 第43号2008年8月18日
    1. 裁判員になりたくない(坂元和夫)
    2. 三つの原爆特集(尾藤廣喜)
    3. 悩む力(山﨑浩一)
    4. 裁判員の憂鬱(鍬田則仁)
    5. 入札監視委員会(徳田敏)
    6. 繰り返されるバブルの歴史(冨増四季)
    7. かもがわ講座 中小企業経営継承円滑化法
  26. 第42号2008年1月1日
    1. 江戸時代の民事訴訟(坂元和夫)
    2. スウェーデン訪間記(尾藤廣喜)
    3. 「頑張れ、ひょろり君」 夫婦関係調整調停 事件顛末記(山﨑浩一)
    4. 裁判における 行政の無駄(鍬田則仁)
    5. ドラッグ・コート制度の 日本への導入は可能か(徳田敏)
    6. 言語の壁を越えて S外国人弁護で感じたこと(冨増四季)
    7. かもがわ講座 債権の電子化
  27. 第41号2007年8月1日号
    1. 家事調停の黄昏(坂元和夫)
    2. この夏 おすすめの本二冊(尾藤廣喜)
    3. 電磁波に関する WHOの報告(山﨑浩一)
    4. 年金記録確認体験記(鍬田則仁)
    5. クレジット問題(徳田敏)
    6. アメリカに行ってきました!(冨増四季)
    7. かもがわ講座 遺失物法の改正
  28. 第40号2007年1月1日
    1. 格差社会(坂元和夫)
    2. 貧困の再生産を防ぐために(尾藤廣喜)
    3. ひょろり弁護士奮闘記 少年法廷編(山﨑浩一)
    4. 裁判と「運」(鍬田則仁)
    5. あの能力はどこへ(徳田敏)
    6. 『東京;カワイイ盃収争』(冨増四季)
    7. かもがわ講座 医薬品副作用被害救済制度
  29. 第39号2006年8月1日
    1. 側隠の情(坂元和夫)
    2. 被爆者は今(尾藤廣喜)
    3. 死刑について(山﨑浩一)
    4. 変わる日本地図(鍬田則仁)
    5. 死に対する折り合い(徳田敏)
    6. 全会一致原則(冨増四季)
    7. かもがわ講座 敷引特約の有効性について
  30. 第38号2006年1月1日
    1. よりよい調停のために(坂元和夫)
    2. 規制緩和の行き着く先は(尾藤廣喜)
    3. 「ヴェニスの商人」 と法解釈(山﨑浩一)
    4. 車両保険の間題点(鍬田則仁)
    5. 刑事弁護雑感(徳田敏)
    6. 多言語共生と 個の尊重(冨増四季)
    7. かもがわ講座 離婚と年金分割
  31. 第37号2005年8月1日
    1. 調停の進め方への疑問(坂元和夫)
    2. 窓口規制への取り組み再び(尾藤廣喜)
    3. 山本周五郎ワールド(山﨑浩一)
    4. 裁判官の評価(鍬田則仁)
    5. かもがわ講座 民法改正と保証人の責任
  32. 第36号2005年1月1日
    1. 日本人と裁判(坂元和夫)
    2. 高齢者問題の現状(尾藤廣喜)
    3. 三足の草鞋(山﨑浩一)
    4. 刑事法制の 全面的な整備を(鍬田則仁)
    5. かもがわ講座 新破産法
  33. 第35号2004年8月1日
    1. わが国の土地制度の歴史(坂元和夫)
    2. 行政事件訴訟の民主化のために(尾藤廣喜)
    3. フォード欠陥自動車事件(山﨑浩一)
    4. 裁判官の実像(鍬田則仁)
    5. かもがわ講座 家庭裁判所が変わりました
  34. 第34号2004年1月1日
    1. テニスの歴史(坂元和夫)
    2. 自衛隊のイラク派遣と原爆症認定訴訟(尾藤廣喜)
    3. 電磁波の恐怖(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 フセインの裁判の正当性
  35. 第33号2003年8月1日
    1. 映画「裁判員 決めるのはあなた」(坂元和夫)
    2. 「窓口規制」というもの(尾藤廣喜)
    3. 司法改革と証拠開示(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 入学金の返還
  36. 第32号2003年1月1日
    1. 法律相談(リーガル・カウンセリング)の難しさ(坂元和夫)
    2. 訴訟費用の敗訴者負担は合理的か(尾藤廣喜)
    3. 奇蹟の銀行 グラミン銀行(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 成年後見について
  37. 第31号2002年8月1日
    1. 法律相談の心構えと技法(坂元和夫)
    2. 民事法律扶助制度の危機(尾藤廣喜)
    3. 炭で山林を救う(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 弁護士費用の敗訴者負担制度
  38. 第30号2002年1月1日
    1. 法律家の専門職責任について(坂元和夫)
    2. 「成年後見」制度 施行のあとで(尾藤廣喜)
    3. ハワイの司法事情(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 サービサー法
  39. 第29号2001年8月1日
    1. 「弁護士費用の敗訴者負担」問題について(坂元和夫)
    2. 夏の夕暮れの思い出(山﨑浩一)
    3. ITの「光と陰」(尾藤廣喜)
    4. 妊婦生活10カ月(中村多美子)
    5. かもがわ講座 消費者契約法
  40. 第28号2001年1月1日
    1. 模擬陪審ドラマを見て(坂元和夫)
    2. 新世紀の弁護士(山﨑浩一)
    3. 「民事法律扶助法」の制定と今後 (尾藤廣喜)
    4. 少年法等の 一部を改正する法律(中村多美子)
    5. かもがわ講座 特定調停法
  41. 第27号2000年8月1日
    1. 共働きと陪審制・婿選びと法曹一元制(坂元和夫)
    2. 原爆訴訟は今(尾藤廣喜)
    3. 背広集団ハワイを行く(山﨑浩一)
    4. 科学者の社会的責任論(中村多美子)
    5. かもがわ講座 民事再生法
  42. 第26号2000年1月1日
    1. 法曹一元からみた弁護士の自己改革(坂元和夫)
    2. 「春の海」によせて(尾藤廣喜)
    3. 江戸の訴訟弁護士(山﨑浩一)
    4. 酒と薔薇の日々(中村多美子)
    5. かもがわ講座 定期借家制度の創設
  43. 第25号1999年8月1日
    1. 法曹一元の本質(坂元和夫)
    2. 「野宿者」問題の示すもの(尾藤廣喜)
    3. 陪審(山﨑浩一)
    4. 住民基本台帳法改正問題(中村多美子)
  44. 第24号1999年1月1日
    1. カリフォルニアのパフォーマンス委員会(坂元和夫)
    2. 「原点」に返ろう(尾藤廣喜)
    3. 裁判官はドレイ?(山﨑浩一)
    4. ドメスティックバイオレンス(中村多美子)
    5. かもがわ講座 住民投票
  45. 第23号1998年8月1日
    1. カリフォルニアの「ジェニー」(坂元和夫)
    2. 「介護保険」で介護はどうなる(尾藤廣喜)
    3. KBSニュース出演(山﨑浩一)
    4. はじめまして ー夫婦別姓と私ー(中村多美子)
    5. かもがわ講座 少年法改正問題について
  46. 第22号1998年1月1日
    1. 新民事訴訟法の運用と効率化の限界(坂元和夫)
    2. 地球温暖化防止京都会議 とは何だったのか(尾藤廣喜)
    3. ティーンコートの試み(山﨑浩一)
    4. 男女の役割分担について(杉本孝子)
  47. 第21号1997年8月1日
    1. 法曹一元について(坂元和夫)
    2. 臓器移植法のここが問題(尾藤廣喜)
    3. ゴミから地球を守る(山﨑浩一)
    4. らい予防法が廃止されて(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 少年法の精神
  48. 第20号1997年1月1日
    1. 失火責任について(坂元和夫)
    2. どうなってるの「厚生省」(尾藤廣喜)
    3. 弁護士費用の敗訴者負担(山﨑浩一)
    4. 児童虐待について(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 情報公開法とは
  49. 第19号1996年8月1日
    1. お役所と証拠書類(坂元和夫)
    2. これからの「水俣病」(尾藤廣喜)
    3. リトル・トリーを読んで(山﨑浩一)
    4. 山歩き(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 見送られた「夫婦別姓」
  50. 第18号1996年1月1日
    1. アーサー王の円卓(坂元和夫)
    2. 「若い力」に思う(尾藤廣喜)
    3. ギターレッスン(山﨑浩一)
    4. 法女性学(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 司法試験の「改革」とは
  51. 第17号1995年8月1日
    1. アファーマティブ・ アクション(坂元和夫)
    2. 「阪神大震災」に思う(尾藤廣喜)
    3. 民主主義と 青島知事の決断(山﨑浩一)
    4. 遺産をめぐる紛争雑感(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 非嫡出子の相続分
  52. 第16号1995年1月1日
    1. 樹木が原告になる?(坂元和夫)
    2. どうなっているの「生活保護」(尾藤廣喜)
    3. 弁護士と公益活動(山﨑浩一)
    4. 夫婦の絆(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 子との面接
  53. 第15号1994年8月1日
    1. ポリティカル・コレクトネス(坂元和夫)
    2. 映画「フィラデルフィア」を見て(尾藤廣喜)
    3. 弁護士のあり方(山﨑浩一)
    4. 弁護士の眼 ー 裁判官と比べて(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 子どもの権利条約
  54. 第14号1994年1月1日
    1. 明治の人身売買禁止令(坂元和夫)
    2. 「水俣病」判決に思う(尾藤廣喜)
    3. 過疎地法律相談(山﨑浩一)
    4. 「心理療法マインド」(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 PL制度化の動き
  55. 第13号1993年8月1日
    1. インパール作戦の教訓(坂元和夫)
    2. キーワードは「住民自治」ドイツ・イタリアのまちづくり(尾藤廣喜)
    3. ゼノフォビア(山﨑浩一)
    4. 「出会い」(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 五年の別居と離婚請求
  56. 第12号1993年1月1日
    1. 四角いラウンド テーブル法廷(坂元和夫)
    2. 「人権救済基金」実現を(尾藤廣喜)
    3. 環境保護と法の役割(山﨑浩一)
    4. 離婚慰謝料の存廃について(杉本孝子)
    5. かもがわ講座 「略式手続き」について
  57. 第11号1992年8月1日
    1. 地球環境問題(坂元和夫)
    2. 当番弁護士制度と人権(尾藤廣喜)
    3. 「はじめまして」(杉本孝子)
    4. シアトル探訪(山﨑浩一)
    5. かもがわ講座 暴力団対策法と市民
  58. 第10号1992年1月1日
    1. 魔女裁判(坂元和夫)
    2. 京都の「活性化」を考える(尾藤廣喜)
    3. 遠い国の物語(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 借地借家法改正
  59. 第9号1991年8月1日
    1. 湾岸戦争財政支援の問題(坂元和夫)
    2. 「手続的権利」の重要性(尾藤廣喜)
    3. 裁判と社会の実態(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 即決和解の効用
  60. 第8号1991年1月1日
    1. 外国弁護士問題について(坂元和夫)
    2. 苦悩するポーランド(尾藤廣喜)
    3. 三方一両損(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 裁判の時間
  61. 第7号1990年8月1日
    1. Daiyo-Kangoku(坂元和夫)
    2. 事務所の国際化(山﨑浩一)
    3. 学校教育のあり方を考える(尾藤廣喜)
    4. かもがわ講座 ハンドブック「不動産取引100問」出版
  62. 第6号1990年1月1日
    1. 裁判所支部の統廃合問題 について(坂元和夫)
    2. アメリカ調査報告(山﨑浩一)
    3. 京都 ー 保存と開発(尾藤廣喜)
    4. かもがわ講座 弁護士へのアクセス
  63. 第5号1989年8月1日
    1. 弁護士制度のあらまし ―その三(坂元和夫)
    2. 日本の音、西洋の音(尾藤廣喜)
    3. 人間は狼?(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 遺言もボ印でOK
  64. 第4号1989年1月1日
    1. 弁護士制度のあらまし ―その二(坂元和夫)
    2. 国際会議の残したもの(尾藤廣喜)
    3. 裁判官の国民審査(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 開運商法にご用心
  65. 第3号19888年8月1日
    1. 弁護士制度のあらまし ―その一(坂元和夫)
    2. 重い鞄(尾藤廣喜)
    3. 証人心得(山﨑浩一)
    4. かもがわ講座 100円の手形の効力
  66. 第2号1988年1月1日
    1. 「鴨川」法律事務所命名 由・来・記
    2. 国家秘密法案について(坂元和夫)
    3. 「水俣」の日々(尾藤廣喜)
    4. ”豊田商事”の教訓(山﨑浩一)
    5. かもがわ講座 特別養子制度 クーリング・オフ
  67. 第1号1987年8月1日
    1. 鴨川法律事務所の素顔
    2. 正義・裁判・弁護士への アクセス(坂元和夫)
    3. 法律はクロスオーバーする(尾藤廣喜)
    4. 裁判と証拠(山﨑浩一)

ご相談はできるだけご来所ください。WEB会議などでのご相談をご希望の方は、お電話かメールフォームよりお問合せください。

鴨川法律事務所へのアクセスaccess to Kamogawa Law Office

京都の弁護士・裁判・訴訟は鴨川法律事務所へご相談ください

〒604-0903
京都市中京区河原町夷川上ル
指物町328番地
増井ビル7階・8階 鴨川法律事務所
Googleマップを見る→

※2017年12月、増井ビル(河原町夷川上ル)に移転しました。
お間違いのないようご注意ください。

電話:075-222-2233
(平日9:00~17:00)
FAX:075-255-5795

■駐車場
増井ビル敷地内に当事務所顧客用に1スペース確保しております。
使用中の場合は、近くの有料駐車場をご利用ください。
■京都市営地下鉄
東西線「京都市役所前」駅3番出口(徒歩6分)
■京阪電鉄
「神宮丸太町」駅1番出口(徒歩7分)
「京阪三条」駅12番出口(徒歩9分)
上へ