075-222-2233 お問合せメール アクセスマップ

京都の弁護士 鴨川法律事務所

書籍紹介餓死・孤立死の頻発を見よ!―徹底調査 生活保護バッシングで隠された真実

餓死・孤立死の頻発を見よ!―徹底調査 生活保護バッシングで隠された真実

「貧しき者は死ね」と言うのか。悲劇の根底には、あまりに貧困な高齢者介護、障害者福祉政策、そして、非人間的な生活保護行政の姿がある。各分野の専門家で結成した調査団がその真相を徹底究明する。生活保護バッシングの問題点徹底整理の諸声明も収録。

価格 436円税込
ISBN-10 487154110X
ISBN-13 978-4871541107
サイズ 単行本
ページ数 出版社:
発行 あけび書房
発行年月 2012年8月1日
編集・監修 全国「餓死」「孤立死」問題調査団

目次

第1部
総論 いま、貧困と生活保護はどうなっているのか?―なぜ25年前と同じ悲劇が…

第2部
札幌市白石区姉妹孤立死はなぜ起こったのか―事件の経緯と調査団の調査概要(白石区姉妹孤立死事件の経緯と現地での取り組み
今回の調査目的と主な行動
札幌市・白石区福祉事務所との懇談―なぜ救えた命が救えなかったのか
白石区生活保護利用者の切実な声
姉妹孤立死事件と生活保護緊急110番の取り組み)

第3部
全国各地で頻発する餓死・孤立死―全国調査で明らかになったこと(「餓死」「孤立死」問題全国調査の結果から見えるもの
立川市で連続して孤立死事件発生
さいたま市で親子3人が孤立死
「餓死」「孤立死」根絶のための提言―全国「餓死」「孤立死」問題調査団)

第4部
餓死・孤立死を生み出す貧困な社会保障政策―この異常事態の元凶はなにか

資料編

« 書籍紹介ページへ戻る お知らせページへ »

ご相談はできるだけご来所ください。WEB会議などでのご相談をご希望の方は、お電話かメールフォームよりお問合せください。

鴨川法律事務所へのアクセスaccess to Kamogawa Law Office

京都の弁護士・裁判・訴訟は鴨川法律事務所へご相談ください

〒604-0903
京都市中京区河原町夷川上ル
指物町328番地
増井ビル7階・8階 鴨川法律事務所
Googleマップを見る→

※2017年12月、増井ビル(河原町夷川上ル)に移転しました。
お間違いのないようご注意ください。

電話:075-222-2233
(平日9:00~17:00)
FAX:075-255-5795

■駐車場
増井ビル敷地内に当事務所顧客用に1スペース確保しております。
使用中の場合は、近くの有料駐車場をご利用ください。
■京都市営地下鉄
東西線「京都市役所前」駅3番出口(徒歩6分)
■京阪電鉄
「神宮丸太町」駅1番出口(徒歩7分)
「京阪三条」駅12番出口(徒歩9分)
上へ